「病気にならない生き方」著者 新谷弘実医学博士【売れ筋ランキング:健康美容EXPO】

売れ筋ランキング > 特集 No.3  「シンヤビオジマ理論」の根幹にある“新谷酵素”について知るべきこと

「シンヤビオジマ理論」の根幹にある“新谷酵素”について知るべきこと

「シンヤビオジマ理論」の根幹にある“新谷酵素”について知るべきこと

200万部を超えるミリオンセラーになった『病気にならない生き方』(サンマーク出版)には健康を維持して長生きするための“重要な事実”が書かれている。だからこそ多くの人が新谷博士の言葉に耳を傾けるのであろう。人間ドッグを受けた人の9割近くに何らかの異常が見つかるという現状を考えれば、ほとんどの中高年層が“健康ではない”時代がすぐ近くまで来ている。この危機的状況を抜け出すキーワードが“新谷酵素”だ。ではなぜ人は今、“酵素=エンザイム”を必要としているのか。
その理由について、新谷博士が提唱する健康法に則したサプリメント『HWSTYLES(エイチダブリュースタイルズ)』シリーズを開発・販売する株式会社ジョージオリバー代表取締役・波多野明男氏に話を伺った。


“ホールフード”として、食材そのものに含まれる
栄養素すべてを摂取することの大切さ

同社がブランディングを手掛ける[HWSTYLES]には、シニア・エグゼクティブ・アドバイザーを務める新谷弘実医学博士が提唱する健康法に基づいたサプリメントがラインアップされている。そのコンセプトは“天然素材を重視”し、“ホールフード=一物全体食”にこだわり、“米国の栄養学と日本古来の伝統食を融合させた食品”を提供していくこと。合成原料は使用せず、ホールフード由来の原料にこだわり続けている。

 「天然の原料を使えばその食物が持つ栄養素をそのまま摂取することができます。また“ホールフード”は原料となる野菜や果物を皮なども含め丸ごと使用しているので、酵素、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカル、アミノ酸、食物繊維などの有用成分も摂ることができるのです。精製された合成原料を使用したものと、弊社のように“天然のホールフード”由来の原料を使用したものを比較する際、たとえ化学式的には同じであっても体内での吸収率が違い、効果実感もまったく異なります」

消化酵素と代謝酵素の不足があらゆる病気の悪化や
慢性化を招いているという事実

ジョージオリバー代表取締役 波多野明男氏
「なるべく自然の摂理に逆らわず体内酵素を浪費しない生活を送ること。これが病気にならない秘訣です」と波多野明男代表。

新谷博士がもともと患者向けに開発した酵素サプリメント・麹菌培養エキス含有食『新谷酵素 エンザイムX』は現在、[HWSTYLES]の主力商品として販売されている。また、『新谷補酵素 マルチビタミン・ミネラル』も酵素の活性化を補うためになくてはならない存在だ。今後“新谷酵素”および“新谷補酵素”を8月中にはリニューアル予定、プロモーションを展開しもっと広く酵素摂取の重要性を訴えていくという。ではなぜ、酵素を摂らなければならないのか。

 「新谷先生は『医療が発達しても病気になる人が減らない要因のひとつに、“酵素”というキーワードの欠落がある』とよくお話されるのですが、私たちのエネルギー・スタミナ・活力のすべては酵素の力によって支えられています。体内酵素には消化酵素と代謝酵素がありますが、現代人は慢性的な酵素欠乏症に陥っているともいわれていて、これが胃腸の不快感からガンにまで大きく関わっているというのが新谷先生の見解です。消化酵素が不足すれば摂取した食物から栄養を吸収することができず、代謝酵素が不足すれば毒素の排出も栄養素の運搬も滞る…。つまり、酵素不足は健康維持を難しくする元凶だと考えられるのです」

加工調理による栄養素の破壊、
食物そのものの栄養価激減という事実

酵素やビタミン、ミネラルを豊富に含む天然の食品を摂れば、サプリメントは必要ないと考える人もいるだろうが、そこに現代食の問題点が隠されている。まず、食物そのものの栄養価が激減しているという事実。 数十年前と比較すると、ビタミンやミネラルが10分の1程度しか含まない野菜もあるという。さらにさまざまに加工されることにより栄養素が本来果たすべき機能も損なわれ、酵素などは加熱することにより活性を失ってしまう。

「化学肥料や農薬を多量に使った土壌で育った作物は、たとえ採れたてでも酵素やビタミン、ミネラルの含有量があまり期待はできません。有機野菜などでも調理法によっては酵素を摂ることはできず、さらに残留農薬や添加物などの有害物質解毒に大量の酵素が消費されてしまいます。
体内酵素がストレス物質代謝のために大量に消費されるのに、腸内環境を活性化するための食物酵素は効率よく摂取することができない。これを解決する方法が、サプリメントで酵素と補酵素を摂ることなのです」

腸内細菌(善玉菌)の活性化が
病気予防とアンチエイジングに

体内で作られる酵素の多くは、腸内細菌(善玉菌)の働きにより生み出されている。食品から酵素を摂ることで腸内環境が改善され、さらに腸内で多くの酵素を産生することが可能となる。酵素と腸内細菌の相乗効果で“腸相”がきれいになり、健康レベルが高まっていく…。

また、喫煙や飲酒などのストレスの解毒のために大量に“酵素が浪費”されないよう、ストレス・フリーな日常生活をこころがけ、また日本茶や乳製品、動物性タンパク質の摂取も控えたほうがよいのだそうだ。酵素の無駄遣いを減らし、酵素を効率よく摂る。これに尽きるという。

35万の症例と10万例の食歴
生活習慣が教えてくれたことを活かす

酵素であるビタミン・ミネラルも食品そのものの栄養価が低下したことにより、十分に摂取することが困難な時代に…。この現状を変えていくためにも、『シンヤビオジマ理論』に触れ、人間が本来持つ機能を最大限に活かした“病気にならない生き方”の実践を顧客に提案してみてはいかがであろうか。

新谷 弘実 医学博士

プロフィール

新谷 弘実 医学博士
(HIROMI SHINYA,MD)

アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授/ベス・イスラエル病院内視鏡室部長

ニューヨークに在住する、米国ナンバーワンの胃腸内視鏡外科医。世界で初めて、新谷式と呼ばれる大腸内視鏡の挿入法を考案し、開腹手術することなく大腸内視鏡によるポリープ切除に成功、医学会に大きく貢献する。

日米でおよそ35万例以上の胃腸内視鏡検査と10万例以上のポリープ切除術を行っている。ハリウッドセレブ、元米国大統領、皇室等々世界中のVIPから暑く信頼されているこの分野の世界的権威。
著書「病気にならない生き方」シリーズは200万部を超える大ベストセラー。

「シンヤビオジマ理論」 (シンヤ健康法)とは

新谷医学博士による日米35万の臨床症例の検証と、10万例を超える食歴・生活習慣調査データより導き出した健康理論。“美しく、幸せに健康で長生きする”ために必要な7つのキーワード「良い食事と適切なサプリメント摂取」「良い水を飲む」「正しい排泄」「適当な運動」「正しい呼吸法(深呼吸)」「休息・睡眠」「笑いと幸福感」の実践を著書やセミナーなどで説いている。

新谷酵素 エンザイム-X

『新谷酵素 エンザイム-X』
10,000円(税込)

『新谷補酵素 マルチビタミン・ミネラル』
7,875円(税込)

商品の訴求力をUPさせるため“新谷酵素”を前面に出すPOPやステッカーを作成。8月中にはサプリメント自体のリニューアルも予定している。『新谷酵素 エンザイム-X』には“麹菌培養エキス”“乾燥ビール酵母”“亜鉛酵母”“パインパーグエキス”(フラボノイド複合体)などが含まれ、リニューアルした『新谷補酵素 マルチビタミン・ミネラル』と一緒に摂取することを推奨している。

「新谷酵素 エンザイム-X」「新谷補酵素 マルチビタミン・ミネラル」に関するお問い合わせは



売れ筋ランキング > 特集 No.3  「シンヤビオジマ理論」の根幹にある“新谷酵素”について知るべきこと
Copyright© 2008-2018 健康美容EXPO 健康美容最新情報 全研本社株式会社 All Rights Reserved.